【鍼灸師になりたい】鍼灸師の職業や目指す方法、給与などを解説

【鍼灸師になりたい】鍼灸師の職業や目指す方法、給与などを解説

鍼灸は代替医療に分類されるもので、鍼灸師は理学療法士や作業療法士と同様、国家資格取得を必要とする職業です。鍼灸師も、柔道整復師と同様、専門学校や大学で所定の科目や実技を履修しなければなりません。
ここでは、鍼灸師の職業や道のり、就職先、給与などについて解説します。

鍼灸師とは

「鍼灸師」とは、「鍼(はり)」・「灸(きゅう)」を使用して人間の体の自然治癒力を高め、病気の改善や健康回復を促す職業です。

高度な医療機器や薬剤などを使う西洋医学とは異なり、人間本来の自然治癒力を引き出すことを主眼に置く東洋医学に基づいているので、鍼灸師の施術法には副作用が少ないという特徴があります。

「鍼灸師」という名前の資格があると勘違いされがちですが、資格は「はり師」と「きゅう師」に分かれています。はり師もきゅう師もそれぞれ異なった国家資格を取得しなければなりません。ただし、両方の資格がないと仕事ができないわけではありません。

そのため、はり師・きゅう師のうち、どちらかを専門に行っている人もいれば、治療院内で2種類をともに扱っている医院もあり、同じ鍼灸師でも活動内容は多岐にわたります。

鍼灸師の仕事内容についての詳細は「鍼灸師の仕事内容とその魅力とは?適性や将来性を解説します」もご参照ください。

鍼灸師と柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師との違い

鍼灸師は柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師と混同されたり、同一視されたりすることがある職業です。

しかし鍼灸師と柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師は、以下のような違いがあります。また、別の国家資格に基づく職業ですので、同一視したり混同したりして捉えないよう注意しなければなりません。

柔道整復師との違い

柔道整復師は骨や関節を整復し、固定することで骨や関節、腱、筋肉の損傷を回復へと導く職業で、同名の国家資格に基づきます。一方の鍼灸師は体の経穴を鍼や灸で刺激して、人体の自然治癒力を引き出す施術を行うので、施術内容や箇所などに違いがあります。

また、柔道整復師は基本的に手技のみで治療を行うので、鍼や灸などの道具を常用する鍼灸師とはその点でも異なります。

あん摩マッサージ指圧師との違い

あん摩マッサージ師はマッサージやあん摩などの技術を活かし、筋肉をもみほぐしたりこすったりすることで患者の体の不調を改善することを目指す職業で、同名の資格に基づきます。

こちらも柔道整復師と同様に、鍼や灸などの道具を使用する鍼灸師とは違って素手で治療を行います。

鍼灸師になるための道のり

鍼灸師(はり師、きゅう師)になるためには、国家試験に合格しなくてはなりません。受験するためには規定の受験資格をすべて満たす必要があります。

鍼灸師になるためには国家資格が必要

はり師ときゅう師の国家試験受験資格を取得するには、文部科学省が鍼灸師の養成施設として指定している、学校(大学、短期大学、専門学校)で3年以上学び、専門知識、技術を習得しなければなりません。

また、通信教育で国家試験受験資格を得ることはできません。

4年制大学・短期大学・専門学校に通う

鍼灸師の国家試験受験資格を取得するための進路のひとつが、大学への進学です。大学・短期大学や専門学校といった鍼灸師の養成施設の科目は、東洋医学の基礎を学ぶ「東洋医学概論」、西洋医学の基礎を学ぶ「解剖学」・「生理学」、鍼灸師として常用する道具である鍼や灸の使い方を学ぶ、「鍼理論」・「灸理論」・「経絡経穴」などです。

これらの必要な科目を学んだあとは、鍼・灸といった道具を使い、はり師・きゅう師としての専門技術を身につけていきます。

もし最短で鍼灸師になりたいのであれば、国家試験までに4年間かかる大学よりも、3年間で全科目を履修できる専門学校への進学がおすすめです。そして大学や専門学校の在学中でも、受験資格をすべて満たした場合には国家試験を受けられます。

鍼灸師になるための国家試験は1年に1回、毎年2月下旬ごろに開催され、ここではり師・きゅう師になるために学んだ知識がきちんと身に付いているかどうかが試されます。試験の設問数は150問であり、1問を1点として、90点以上を出すことができれば合格となります。(2020年4月現在)

2020年2月に実施されたはり師・きゅう師の試験の合格率は、はり師が約73.6%、きゅう師が約74.3%となっています。2016年から2020年までの5年間を見ると、はり師もきゅう師も60%~70%程度の合格率です(厚生労働省「あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師国家試験の合格発表について」各年度サイトを参照)。なお、鍼灸師の試験の合格者数の上限は設定されていないので、きちんと準備をして試験を受ければ合格できる試験だと言えるでしょう。

→鍼灸師の資格について更に詳しく知りたい方は以下もご覧ください。

鍼灸師になるための資格は必要?その道のりや国家試験について 

鍼灸師の就職先は

鍼灸師の国家試験に合格し、免許申請をすることで鍼灸師の免許を取ることができます。

はり師ときゅう師の免許取得後は、鍼灸師としての就職ができるようになりますが、ここでよく考えておきたいのが資格取得後の進路です。

鍼灸師はこれまで鍼灸院やマッサージ院などでの就職が多い傾向にあったものの、近年ではスポーツトレーナーや美容鍼灸師、スポーツ鍼灸師など、幅広い分野で活躍しています。そのため資格取得後に鍼灸師としては、美容サロンやスポーツジム、フィットネスクラブなどを職場として考えてみるのもよいでしょう。

ただ、臨床経験のある鍼灸師を求める傾向も強いので、新卒の鍼灸師やまだ経験が浅い場合は、まずは鍼灸院や鍼灸接骨院などへの就職を考え、そこで接客の方法や実践を積むことを考えましょう。

鍼灸師の給与・平均年収

では、気になる鍼灸師の給与や平均年収はどれほどなのでしょうか。

鍼灸師の平均月収は約18万円~30万円、平均年収は約350万円~450万円といわれています。ただ、鍼灸師の就職先は多様なので、治療院にスタッフとして勤務している場合や独立開業している場合など、年収も一概には言えません。その実力・経験に応じて給与・年収は異なる傾向にあります。

ここでは鍼灸院や鍼灸接骨院などの医療施設にスタッフとして勤務する場合と、臨床経験を経て独立開業した場合との給与・平均年収を確認し、鍼灸師の給与相場や収入アップの可能性などについても解説していきます。

医療施設で働く場合

鍼灸院、鍼灸接骨院などの医療施設で勤務する場合は、年収が300万円~400万円ほどとされており、経験を積んでキャリアアップすることで収入アップも期待できます。

月収は約18万円~25万円ほどであり、一般的に毎月給料をもらえる「固定給」で受け取るところが多いようですが、なかには業績や成果で給与が決まる、「歩合制」を取り入れている施設もあります。

患者からの指名数や実力次第で給与が変動し、昇給しやすいことが歩合制の利点ですが、一方で実力がないといつまでたっても給与が上がらないというケースも考えられます。

また、固定給だったとしても実力をつけていけば給与アップも期待できるので、医療施設勤務の場合でも、鍼灸師は技術を磨いていくことで収入アップが期待できる職業だと言えます。

独立開業した場合

はり師・きゅう師の資格では開業権があります。この権利を活かして独立開業し、成功することができれば、医療施設の勤務スタッフとして働いているときよりも収入は大幅にアップします。

独立開業した場合は年収が約700万円~1,000万円にまで達することもあり、大きく年収を上げたい場合は独立開業も選択肢のひとつに入れて、計画的に行動しましょう。独立開業した場合は鍼灸師としてのスキルだけではなく、経営者としてのスキルも必要となります。

鍼灸師の独立開業

では、そんな鍼灸師の独立開業事情について詳しく確認していきましょう。

独立開業の手続き

鍼灸師が独立開業の手続きをするには、あらかじめ定められている規定を満たしたうえで届け出をする必要があります。

その規定とは、鍼灸院として使う建物の施術室面積が6.6平方メートル以上、待合室面積が3.3平方メートル以上であるといった、開業のためのさまざまな基準であり、これらをすべて満たさないと鍼灸院を独立開業することはできません。また鍼灸院を開設するまでに所轄の保健所に相談に行き、規定や設備、備品など細かな基準などを聞いて、基準を満たしているかを十分に確認しておくようにしましょう。

鍼灸院の開業後は、開業日から数えて10日以内に店舗所在地である保健所への届け出が必要であり、開業者氏名、店舗所在地、開業年月日、店名、業種などの項目を書いた資料、鍼灸院として使用する建物の構造設備の平面図と概要を示した書類も用意する必要があります。

開業を考えるのであれば、慌てないように事前に調査しておくとよいでしょう。

開業にかかる費用

鍼灸院の開業にかかる費用は、物件を借りて開業する場合だと、約300万円~500万円であり、立地条件や建物の状態により、物件にかかる費用は変動します。

ただ、来院してもらうことを考えると、家賃は安くても集客が難しい物件では経営が成り立たない可能性もありますから、周辺環境なども確認して、物件選びをしましょう。

経営の勉強が必要

開業しただけでは、収入に結び付きません。鍼灸院の経営をするうえで常に意識しておきたいのは、多くの人に利用しやすい鍼灸院だと認識してもらえる環境を整えることです。例えば「専門性が高いうえに対応が丁寧なので症状の相談がしやすい」「衛生的に安心して来院できる」といった印象を持ってもらい、来院数を増やしていくことが重要です。そのためには施術の技術力を高めるのはもちろんのこと、経営戦略が欠かせません。

いかにして鍼灸院の存在を知ってもらうか、また、いかにして複数の鍼灸院のなかから選んでもらえる特徴を打ち出すかということも必要になるでしょう。
特に気を付けたいのが運転資金の確保です。開業した初年度はまだ固定客が見込めない状態ですから、運営資金とは別に生活用の資金も確保しておくようにしましょう。

料金設定に注意

続いて、鍼灸院を独立開業するうえで気を付けておきたいことは、鍼灸院の料金設定です。

料金設定が高い場合は売上額は増えますが、料金と施術のコストパフォーマンスに来院者の納得感がなければ再来院にはつながらず、経営が成り立たなくなる可能性があります。

こういったことを起こさないためには、適切な料金設定を心がけ、高い技術を活かし、まずは納得感のある料金設定で、固定客を増やしていくように努めることが大切です。

また、光熱費や賃料などの鍼灸院の維持費を回収できるかどうかも、料金設定時に考えることを忘れないようにしましょう。

女性でも鍼灸師として活躍できる

近年、多数のメディアでも取り上げられ、モデル・女優といった職業の人を中心に美容鍼灸が人気を集めています。同じ女性として、体の問題や美容の悩みなどを利用客が気軽に相談しやすい環境づくりを考えると、女性の鍼灸師の方が対応しやすい場合があります。

美容鍼灸師をはじめとして、女性の鍼灸師は近年活躍の場を広げていますが、そこには女性特有の問題に対して同じ目線で親身に向き合うことができるという、女性ならではの強みがあるでしょう。

ここでは女性鍼灸師の強みと、その就職先について詳しく解説していきましょう。

女性鍼灸師の強みとは

女性鍼灸師の強みは、前述にあるように女性特有の問題に対して理解しやすく、適切なアドバイスがしやすいことにあります。

この“女性特有の問題”とは、生理痛やホルモンバランスの乱れ、不妊などであり、生理学的な問題だけでなく精神的な不安や、ストレスを伴う症状については、女性の鍼灸師の方が男性の鍼灸師よりも理解しやすいため、より的確な治療が可能です。

また、利用者もこれらの問題は同性の鍼灸師に相談しやすい傾向にあり、施術時に直接体に触れられることからも、男性鍼灸師よりも女性鍼灸師の方が安心できるということも強みです。

美容に関する悩みや相談、例えば、肌荒れやシワ、たるみに関することでも、鍼灸師が女性である方が、「分かってもらえるだろう」と感じてもらえるようです。

このような理由から、女性鍼灸師には男性鍼灸師にはない、独自の強みがあると言えるのですが、もちろん、高いレベルの技術習得や専門知識習得などは男性鍼灸師と同様に必要なことです。望みどおりの施設に就職するためには、医療施設で経験を積む必要があることも同じです。

女性鍼灸師の就職先について

鍼灸師を目指す女性の数は学ぶ学校によっても違いますが、女性の数が増えてきているのは共通しているようです。男女ともに、鍼灸師の就職先はやはり鍼灸院や鍼灸接骨院といった医療施設が多いですが、美容鍼灸師として活動を始める女性鍼灸師の数も増加傾向にあります。美容院・美容クリニック・エステサロンなどで需要が高まっていることから、今後も女性鍼灸師が美容業界で増えていくと予想されます。美容鍼灸では肌の美容だけではなく、体の内側からの美しさを追求し、鍼灸の施術によってその効果を促すといったことが行われます。

ほかにも、不妊治療や不育症の治療でも鍼灸の施術が活かせることから、今後も女性ならではの視点で女性鍼灸師が活躍できるフィールドや分野が増加していくことが予想できます。

鍼灸師は活躍の場が広く、自分の手で人を助けられる職業

鍼灸は東洋医学に基づいた治療法です。特徴は人間が持つ自然治癒力を引き出すことで体の不調の解消を促す、体に優しい治療法だと言えます。その施術を行う資格を持つのが鍼灸師であり、医療現場やスポーツ、美容などのさまざまな分野で活躍できます。高齢化社会が進むなか、薬による治療ができない人や、病気とは言えない状態の人にも、自然治癒力を高め、血行を促すことで症状の緩和を図る鍼灸治療が注目されるようになっています。
まずは、鍼灸師の資格を得るための勉強ができる専門学校や、大学のオープンキャンパスへ積極的に参加し、話を聞きに行くことから始めてみても良いでしょう。鍼灸師になるために必要な技術や知識、進路や、心構えなどについて詳しく聞くことができます。

オープンキャンパスの詳細は、以下をご確認ください。

オープンキャンパス&学校説明会の詳細はコチラから

関連記事

日本健康医療専門学校 資料請求