柔道整復師になるには?柔道整復師の仕事内容と年収、就職先などを紹介します。

柔道整復師になるには?柔道整復師の仕事内容と年収、就職先などを紹介します。

「柔道整復師」とは、捻挫や骨折、脱臼などの外傷に対し、手技を用いて施術をする医療技術者のことです。

人間の体に備わった自然治癒力を活かしたこの施術法は、副作用の発現が少なく、体にも優しい療法として注目されています。また最新の運動生理学や解剖学も取り入れて発展しています。

今回は柔道整復師になるために必要な資格や、柔道整復師の仕事内容、具体的な年収や就職先などについて解説し、柔道整復師の将来性を確認していきます。

柔道整復師とは

柔道整復師とは、「ほねつぎ」や「接骨師」とも呼ばれる職業として知られており、骨や関節、腱、筋肉といった、人体各部への外的要因による損傷を、手術をせず「非観血的療法」を用いることで治療します。非観血的療法というのは、皮膚を切開するような出血を伴う治療を観血的療法と呼ぶのに対して、出血を伴わない治療を指すものです。

柔道整復師の資格は、都道府県知事指定の専門養成施設か、文部科学省指定の4年制大学または3年制短期大学などで専門知識や技術を学び、国家試験に合格することで得ることができます。

この柔道整復師の資格は“国家資格”であるという点が、“非国家資格”の整体師やカイロプラクターと異なります。また、その業務内容から同じ国家資格のマッサージ師やあん摩師とも違います。

ここでは柔道整復師と整体師の違いについて簡単に解説したあと、柔道整復師となるためにはどのような条件を満たす必要があるかについても、詳しく説明します。

柔道整復師と整体師の違い

柔道整復師と整体師の違いは以下のとおりです。

  • 資格の種類が違う

柔道整復師が国家資格の取得が必要な職業であるのに対し、整体師の資格は国家資格ではありません。

  • 治療行為に保険が適用されるかどうか

もうひとつの違いは、治療行為が保険の適用対象かどうかです。

柔道整復師は医師と同様、治療行為に対して保険が適用されますが、一方の整体師の施術は治療行為ではなく、“医療類似行為”なので保険の適用対象にはなりません。

柔道整復師になるための条件と方法

柔道整復師になるためには、以下に挙げた条件を満たすために順番に学問を修めていく必要があります。

①     高等学校卒業、あるいは同等と認められること

大学や専門学校で専門教育を受ける必要があるため、高等学校卒業またはそれに同等であると認定され、大学あるいは専門学校への受験資格を与えられている必要があります。

②     文部科学大臣及び厚生労働大臣指定の「柔道整復師養成施設」に入り、技能や知識を習得すること

専門の養成学校で柔道整復学や柔道整復理論、柔道整復実技、解剖学や生理学、運動学、衛生学、病理学、公衆衛生学、外科学、関係法規、リハビリテーション学、整形外科学などの基礎科目や専門科目を履修します。

また、都道府県知事指定の4年制大学または3年制短期大学へ入学し、そこで上記の科目を履修するということも可能です。

③     柔道整復師の国家試験に合格すること

上記2つの要件を満たしたうえで国家試験を受験し、その試験に合格することで柔道整復師の資格を取得でき、保険医療を扱えるようになります。

資格取得後は、接骨院や整骨院の開業や、病院や接骨院で柔道整復師として勤務できるようになります。

また「通信教育」では、専門知識や技術を必要とする柔道整復師の資格を取得することはできません。

国家試験受験資格を得るためには、必ず文部科学大臣および厚生労働大臣指定の「柔道整復師養成施設」か、都道府県知事指定の4年制大学または3年制短期大学で所定課程を修了しなければなりません。

→国家資格の試験科目や難易度、資格取得のメリットなどの詳細は以下の記事もご覧ください。

「柔道整復師」とはどんな国家資格?取得するメリットや学校選びのポイントは? 

柔道整復師の仕事内容

資格の詳細や取得条件などを見たところで、今度は柔道整復師の具体的な仕事内容について確認していきましょう。

柔道整復師は医師とは異なるので、治療のために手術や注射といった外科的行為は行いません。

「非観血的療法」と呼ばれる方法を使って患者さんの骨折や脱臼を治療するので、おもに皮膚の上から損傷部が回復するように操作します。

治療に保険が適用される範囲は急性および亜急性の外傷のみであり、慢性的な疾患に対しては保険の対象外というだけではなく、柔道整復師の業務範囲外です。

また、柔道整復師が医師の許可なく治療できるのは、「打撲」、「捻挫」、「挫傷」などの症例のみであり、「脱臼」と「骨折」については医師の同意を得た場合にのみ、治療のための施術が可能です。応急処置の場合はこの限りではありません。

以下は柔道整復師の仕事における具体的な施術内容です。

評価

まずは患者さんに症状を聞くために「問診」を行い、続いて患部を目で見て確認する「視診」へと移ります。

最後に患部に手を触れ、けがの度合いを確認する「触診」を行います。

整復法

脱臼した関節や骨折した箇所を、元の状態に戻すための操作を行います。医師の同意があれば、応急処置のあと、継続して治療を行うことができますが、医師がそばにいない場合などすぐに同意が得られないときは、応急処置をしたあと、必ず医師に紹介をして診断をしてもらうようにします。

整復法は皮膚の上から損傷箇所を元に戻すための操作をするので、非観血的療法であり、患者さんにとって優しい治療法だと言えます。

固定法

三角巾や包帯などを用い、骨折または脱臼した箇所を固定して安静を促す治療法です。

後療法

「運動療法」や「物理療法」、「手技療法」などで、損傷した機能を回復させるための施術です。

運動療法では関節の可動域の訓練や、筋力回復訓練、ストレッチ運動などを行います。

物理療法では機械を用いた電気療法や温熱療法、寒冷療法などを行います。

手技療法では軽擦法(けいさっぽう)や揉捏法(じゅうねつほう)、圧迫法などの手技を用いて患部の回復を促します。

→柔道整復師の魅力や、なるために必要な資質や将来性などの詳細は以下の記事もご覧ください。

柔道整復師の仕事内容を知ろう!活躍の場や将来性は? 

柔道整復師の就職先

柔道整復師にはさまざまな就職先があり、資格取得後の進路は幅広く、活躍の場が多いことも魅力のひとつです。高齢化社会の到来やスポーツ人口の増加によって、柔道整復師の専門技術は幅広い分野で求められているのです。ここでは柔道整復師の就職先について、解説していきます。

接骨院

接骨院では多くの柔道整復師が働いており、独立開業を目指す人が勤務柔道整復師として働く現場でもあります。

接骨院で患者さんと実際に関わり、業務遂行の仕方や専門技術の実践、接客も含めた知識を身につけることで、独立開業への具体的なビジョンが見えてきます。

また、接骨院は地域に根差した医療施設なので、“地域医療の担い手”として柔道整復師が活躍できるフィールドでもあり、やりがいの感じられる職場でもあります。

スポーツトレーナー

柔道整復師はスポーツジムでのアドバイザーだけではなく、プロスポーツ分野で活躍するトレーナーや、選手の専属トレーナーとして活躍することも可能です。

柔道整復師は専門的に運動学や生理学、実技などを学んでおり、選手の体の管理やけがへの応急処置などにも対応できるので、プロ、アマを問わずにスポーツトレーナーとして活躍できるのです。

またスポーツ医学を中心に取り組む柔道整復師の数も増加しています。

パーソナルトレーナー

柔道整復師はスポーツジムでトレーニングをしている人に対し、マンツーマンで指導するトレーナーとして活躍することも可能です。

専門分野である運動学や生理学、栄養学を学んでいることは柔道整復師の強みであり、その知識を活かしてワークアウトについてのアドバイスを行うだけではなく、トレーニングをする人がけがをした場合に治療や応急処置もできます。

福祉施設

柔道整復師は介護や福祉の場でも活躍ができ、「機能訓練指導員」として、要介護者に筋力維持および筋力アップの運動を指導できます。

医療・リハビリ施設・整形外科

医師や理学療法師が勤める病院や整形外科、日常生活を送るうえでの機能回復を促し減退を防ぐリハビリ施設などは、柔道整復師にとっての活躍の場というだけではなく、より深く知識や技能を取得できる場所でもあります。

そのためか、整形外科で働きたいと考える柔道整復師の数は多いようです。

独立開業

医師と同様、柔道整復師は独立開業ができる職業であり、整骨院や接骨院を構えて自分の権限で業務を回すことが可能です。

厚生労働省が平成29(2017)年6月15日に発表した「施術管理者の要件」には、「既卒の柔道整復師を含めて、整骨院や接骨院の開業には、最大3年間の実務経験と一定の研修を要する」という旨が明記されました。

そのため、独立して接骨院や整骨院を開業することを目指して、日々の業務と研修に励んでいる柔道整復師の人も多いと考えられます。

接骨院や整骨院の開業にかかる費用は最低でも700万円ほどが必要といわれており、施設規模や医療機材の導入有無などでも開業費用は変わってきます。

開業後も経営上、人件費や設備投資費、広告費などがかかるので、整骨院や接骨院を経営するに当たってどれだけの費用がかかるのかは、あらかじめよく確認しておくようにしましょう。

柔道整復師になるためのキャリアプラン

柔道整復師になるためには2種類のルートがあり、専門学校へ入学するか、柔道整復学科のある4年制大学または3年制短期大学に入るかから選ぶことができます。

ここでは柔道整復師になるためのキャリアプランについて、詳しく解説していきます。

柔道整復系専門学校

柔道整復師になるための進路のひとつが、専門学校への入学です。

柔道整復系の専門学校では下記の4年制大学や3年制短期大学と同様、解剖学や生理学、運動学などの専門分野を学び、実技も行います。

そして在学中に行われる実技試験に合格し、卒業したのち、国家試験に合格することで柔道整復師としての一歩を踏み出せます。

柔道整復学科がある4年制大学や3年制短期大学

柔道整復師になるためのもうひとつの進路が、4年制大学や3年制短期大学への進学です。

柔道整復学科のある4年制大学、3年制短期大学でも専門学校と同様の専門知識や専門技能を学び、実技試験を経てそれに合格すると卒業できます。

またこちらでも専門学校と同様、接骨院だけではなく病院やトレーナー実習ができる大学があるので、入学前に自分の進みたい分野の実習ができるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

柔道整復師の国家試験合格・取得

専門学校または大学卒業後は柔道整復師の国家試験を受験します。

この柔道整復師の国家試験は、毎年3月第1日曜日に年1回行われ、合格すると柔道整復師の資格が取得できます。

試験内容は生理学や解剖学などの全11科目の筆記試験で、専門学校や大学で学んだ分野から出題されます。

合格基準は以下のとおり。合格率は平成31年3月の「第27回柔道整復師国家試験」では、65.8%となっています。

  • 必修問題(1問1点):全50問中、40点以上(総点数の80%以上)
  • 一般問題(1問1点):全200問中、120点以上(総点数の60%以上)

必修問題、一般問題のいずれも合格基準を満たした者を合格とします。

かつて90%ほどだった柔道整復師国家試験合格率も、今では60%前後という数値が示すように、受験者数の増加とともに難易度が上がっていると考えられます。

しかし専門学校や4年制大学で知識の取得や実習をしっかりと行い、過去に出題された問題を用いて対策をすることで、十分に柔道整復師の資格を取得できる範囲と言えるでしょう。

柔道整復師の年収

柔道整復師として働く場合、どれだけの年収が得られるのでしょうか。

収入は職場にもよりますが、基本的に大卒社員と変わらない年収を稼ぐことができます。

また、柔道整復師は技術を磨いていくことができれば、年収アップも目指せます。

ここでは柔道整復師のおおまかな年収を確認し、年収アップについても、その可能性を確認していきましょう。

大学卒業の一般企業社員とほぼ変わらない年収が得られる

職場にもよりますが、柔道整復師の平均的な年収は、大学卒業の一般企業社員とあまり変わりません。

月収は常勤の柔道整復師だと24万9,500円~25万7,800円が目安であり、月によっては給与が増額することもあります。

多様な働き方があることを活かし、高度なスキルを身につければ年収アップも可能

柔道整復師の強みは多様な働き方があることであり、スポーツトレーナーや機能訓練指導員など、自分がついた分野内でスキルアップすれば年収アップも十分可能な職業です。

また柔道整復師が独立開業した場合の年収は経営状態にも左右されますが、一般的に250万~1000万円ほどが目安となっています。

このように見ていくと柔道整復師は、スキルを身につけたり開業したりと努力を重ねることで年収を引き上げていくことができ、地域に貢献できたりスポーツトレーナーとして選手を指導できたりする、魅力的な職業であると言えるでしょう。

女性の柔道整復師も幅広く活躍できる

近年では女性の柔道整復師の需要も増えており、女性の職業としても活躍の幅の広さは男性の場合と同じです。

それどころか、男性の柔道整復師であれば需要が少ない職業であるエステティシャンやアロマセラピストなども女性の柔道整復師ならより専門的な知識のあるエステティシャンやアロマセラピストとして活躍の幅が広がる可能性もあります。

ここでは女性の柔道整復師だからこそ、その強みが活かせる職業を紹介していきます。

女性を対象としたパーソナルトレーナー

昨今、女性でもスポーツする人が増えており、そのなかでアドバイスや指導にも女性を求める人が少なくありません。女性の柔道整復師は同じ女性の目線で運動学や解剖学の知識を活かし、ダイエットや健康づくりへの具体的なアドバイスを行うことができます。

女性を対象としたスポーツトレーナー

上記同様にスポーツや体を鍛えることに意欲的な女性が増えるなか、とくに女性プロスポーツ選手のなかには、女性のスポーツトレーナーを希望する人もいます。そうしたプロ選手に対し、柔道整復師は同じ女性の視点から指導を行うことができ、選手の筋力アップや自給力アップなどを専門知識と技能で支えます。

エステティシャン

解剖学や生理学といった専門知識があるからこそ、根本から体の不調を治療でき、顧客の美容に貢献できます。

アロマセラピスト

顧客の体の状況を判断し、アロマの知識に柔道整復師の知識も交えて対応できます。

柔道整復師は将来性があり、幅広い分野で活躍できる

柔道整復師は男女を問わず、整骨院やスポーツトレーナーなど幅広い分野で活躍できる職業であり、一般企業の社員と同程度の年収が得られるほか、スキル次第ではその収入を上げていくことも可能です。

また、資格を有していれば独立開業も可能なので、一般企業に勤める場合よりも独自のコンセプトを打ち出しやすく、自分の裁量で接骨院や整骨院を経営できるといった魅力もあります。

その一方で柔道整復師は、柔道整復師養成施設(柔道整復系専門学校か、柔道整復学科のある4年制大学か3年制短期大学)で必要な知識と技術を得て、試験に合格する必要がある職業でもあります。

日本医療健康専門学校は、学生全員が国家試験に合格することを目指しており、入学前からサポートが始まります。授業時間以外にも、空き時間などを中心に受講料が原則無料の「αゼミ」といった多彩な専門授業も開講しているので、夢や興味に合わせて学ぶことができます。

柔道整復師についてさらに詳しく知りたい方は、まずは気軽なオープンキャンパスで話を聞いてみることをおすすめします。

オープンキャンパスの詳細はコチラをご覧ください。

関連記事

日本健康医療専門学校 資料請求